昔ながらの下宿に住まう―人と人とのふれ合いのある暮らし。

昔ながらの下宿に住まう

「下宿」と聞いて、どんなイメージを思い浮かべますか?「家賃が安い」「さみしくない」「まかないつきで食事面も安心」というプラスのイメージがあるいっぽうで、「響きが古くさいし建物もきっと古い」「門限がわずらわしい」「共有設備が多くてプライバシーが保てない」と敬遠する人もいるでしょう。

日本は経済成長と共に、核家族化や女性の社会進出、受験戦争の激化が進み、生活に「個別化」が見られるようになりました。「一人一部屋」が普通になり、家の中でも顔を合わせる機会が減り、帰宅時間もまちまち。一家団欒の時間が消え、食事でさえも個別にとる様子は「個食」「子食」「孤食」などと称する社会現象にもなりました。

こうして、同じ屋根の下に住む同士のふれ合いや絆が薄れてきた時代に、やはりさびしさを感じる人も多いようです。進学や就職を機に一人暮らしをするのではなく、昔ながらのふれ合いを求めて「下宿」を選ぶ人もいるようです。さまざまなメリットのある今どきの「下宿」の全貌に迫ってみたいと思います。

昔ながらの下宿に住まう

下宿の魅力

下宿とは、他人の家の部屋に住むのが本来の意味。その魅力とは。

なぜ下宿文化は廃れたのか

なぜ下宿文化は廃れたのでしょうか。

今どきの下宿はこんな感じ

イメージと違う!?今どきの下宿はこんな感じです。

下宿先の見つけ方

下宿先の見つけ方にはいろいろな方法があります。

昔ながらの下宿に住まう

サイトマップ

Copyright(C) 2011 - 昔ながらの下宿に住まう - All Rights Reserved.